会長ご挨拶

会長ご挨拶
 → 第51回定期総会
 → 2017年頭にあたって
 → 新会長就任のご挨拶
 → 前会長退任のご挨拶
 → 第50回定期総会
 → 2016年頭にあたって
 → 第49回定期総会
 → 2015年頭にあたって
 → 第48回定期総会
 → 2014年頭にあたって
 → 新会長就任のご挨拶
 → 前会長退任のご挨拶
 → 第47回定期総会
 → 2013年頭にあたって
 → 第46回定期総会
 → 2012年頭にあたって
 → 第45回定期総会
 → 2011年頭にあたって
 → 新会長就任のご挨拶
 → 前会長退任のご挨拶
 → 第44回定期総会
 → 2010年頭にあたって
 → 第43回定期総会
 → 2009年頭にあたって

日本公認会計士協会

HOME >> 会長ご挨拶

会長ご挨拶
日本公認会計士協会 四国会会長(本部理事) 石川千晶

新会長就任のご挨拶

 このたび、四国会の会長に就任いたしました。香川県部会長の任期中には、会員のみなさまと四国財務局、日本銀行など、各機関の方々との交流を図ってまいりました。また、いわゆる士業の会合に出席させていただき、単一会である日本公認会計士協会と他の業界では、運営方法が異なることも感じました。

 四国会の会長として、地方で活躍される四国会会員が公認会計士として持つ感覚を協会本部に伝え、協会活動に反映していただくこと、また、協会本部が何を考え、どのように動こうとしているかを四国会のみなさまにお伝えすることが私の責務と考えております。

 公認会計士を巡る社会情勢は、厳しいものでありますが、一方で、多方面でガバナンスが求められるにつれ、私どもへのニーズは、常に拡大しているように感じます。最近では、この流れは非営利部門に広がっており、地方に住む会計士の重要性が増すことになります。地域ニーズにどのように応えられるか、四国会の中でも県境を越えて協力する必要があるように思います。このための施策を本部もとっておりますが、現実的に実施可能な体制がとれるかについて、注視し、必要な施策を求めていくつもりでおりますが、ご意見をいただけると幸いです。

 また、私は長期にわたり、広報担当として活動してまいりましたが、公認会計士に対する社会の認知は、いまだあいまいなものであると感じます。私ども一人ひとりが地道に公認会計士として社会で活動していくことが基礎的な広報であります。今年の四国会総会の懇親会で、浜田知事がご挨拶された中で、東京都知事の「第三者の厳しい目」について、公認会計士にやってもらうべきではなかったか、というお話を頂きました。会計の専門家という以外に、公平な第三者としての眼を持つ者であることをお知らせしていきたいと思います。

 協会本部でも、会計教育を重視しておりますが、広報活動として実施している「ハロー会計」は、主として中学生を中心に会計に親しんでもらうプログラムです。私どもは複式簿記的世界観に親しんでおりますが、会計に関する知識は生活するうえでも基礎的な知識であると思います。これらを知らずに大人になってしまった人たちにも、会計の基本的な考え方を身につけていただく機会を設けられたらと思っております。
ページトップへ

| ページの取扱について | プライバシーポリシー | JICPA SHIKOKU. All rights reserved.